ファイナルファンタジー7:アドベントチルドレンが4KウルトラHDリマスターを手に入れる

発行時間: 2022-06-15

クイックナビゲーション

2005年に、スクウェア・エニックスはヒットしたRPGファイナルファンタジー7の続編である「ファイナルファンタジー7:アドベントチルドレン」をリリースしました。当時はさまざまなレセプションを獲得し、熱心なファンでさえ、明白な問題がないわけではないことを認めるでしょうが、その時代の画期的なビジュアルを誇ることで賞賛され、セフィロスのスーパースマッシュブラザーズの公開にさえ影響を与えています。 。究極。

スクウェア・エニックスがリマスター版のAdvent Childrenin 4K Ultra HDをリリースしているのは、そのすべての可能性について、ファイナルファンタジー7の歴史の象徴的な部分であることに変わりはありません。本日初めに発表された、技術的にはファイナルファンタジー7アドベントチルドレンコンプリートの再リリースであり、それ自体が2009年からのBlu-Ray再リリースディレクターズカットであり、新しいシーンと拡張されたシーンが含まれていました。スクウェア・エニックスによると、このリリースには26分の追加映像だけでなく、1000を超える改訂シーンも含まれ、ファンは6月8日からチェックアウトできるようになります。

2枚のディスクが付属します。最初の4KUltraHDディスクには、4Kでリマスターされた映画と、まったく新しい英語と日本語のドルビーアトモスオーディオトラックに加えて、英語と日本語の5.1オーディオが含まれています。2番目のBlu-Rayディスクには、HDの映画と、多数の特別な機能が含まれています。つまり、予告編、ファイナルファンタジー7のレガシー機能、ファイナルファンタジー7オリジナルストーリーダイジェストの回想、ファイナルファンタジー7コンパイルストーリーダイジェストの回想(オリジナルゲームのストーリーの要約や前編ゲームのようなシリーズの他のエントリのように聞こえます)CrisisCore )、そして笑顔への道–エピソード:デンゼル、映画で紹介された新しいキャラクターの1人についての短いOVA。

アドベントチルドレンの陰謀に慣れていない人のために、それは元のゲームの2年後に行われ、メインヒーローのクラウドが彼の大敵セフィロスと何らかの関係を持っている悪役のトリオによって作成された新しい陰謀を阻止しなければならないのを見ます。さらに、クラウドを含む何人かの人々がジオスティグマと呼ばれる不思議な病気を発症し、既知の治療法はありません。

ただし、スクウェア・エニックスが映画を復活させる方法はこれだけではありません。映画のいくつかの側面を取り入れているように見えるリメイクは別として、そのモバイルタイトルであるEver Crisisは、AdventChildrenを含むFinalFantasy7storyline全体の適応として宣伝されています。映画のイベントをどのようにカバーするかは現時点では不明であり、2022年までリリースされる予定はなく、元のゲームの再放送から始まるため、ファンはしばらくの間わからない可能性があります。

ファイナルファンタジー7:アドベントチルドレンコンプリート4Kリマスターが6月8日に発売されます。